野外活動研究会・夏の発表会 2019 「考現学とモダン」[8/18]

野外活動研究会・夏の発表会 2019 「考現学とモダン」[8/18]

野外活動研究会が開催する、2019年の「夏の発表会:考現学とモダン」を、ご案内します。
テーマ発表「旅と観光」「考現学とモダン」、および、個人研究「まちの観察」で構成する予定です。
どうぞ、お気軽に参加ください。

◆月日 2019.8.18(日)
◆時間 午前の部 : 10時 – 12時 午後の部 : 1時30分 – 4時30分
◆会場 愛知芸術文化センター(12階)アートスペースEF 地下鉄東山線/名城線「栄」下車徒歩10分
◆参加費 500円(資料代・会場代)

会場案内 愛知芸術文化センター(愛知県美術館、愛知県芸術劇場、アートプラザ、アートスペース、アートライブラリー)へは、地下鉄「栄」駅、名鉄瀬戸線「栄町」駅が最寄りです。
オアシス21(楕円形のガラス大屋根がシンボル、複合施設)から地下連絡通路、または、地上2階の連絡橋で。
なお遠方からの場合、JR名古屋駅から30分程度かかります。

名古屋市東区東桜1-13-2 TEL 052-971-5511(代表)


チラシのダウンロード(PDF 270KB)サイズに注意。

★プログラム(順不同)
旅と観光●テーマ発表(その1)
稲垣 友仁 東北地方の旅
嶋村 博 観光都市?岡崎
茶谷 薫 石川県観光ブームの暮らしに与える影響

まちの観察●個人研究から
山本 耕一「ナッタ」と「デキタ」
山田 稔 平成の落書き観察

考現学とモダン●テーマ発表(その2)
岡本 信也 風俗としてのモダン用語 ー考現学の場合ー
佐藤 英治 考現学の分類
武谷 直子 電気と暮らし
佐宗 圭子 運動靴しらべ、足元のスタイル
岡本 靖子 女性のズボン(下衣)

ヤガイケン●トークセッション

★交流会=2次会
午後5時半より、別会場で行います。(実費)※希望される方は、事前にお申し込みください。
参加希望の方は、このページ上部の〈お問合せ〉から、連絡ください。


★発表者・会員の方へ★
□9時半から準備します。
□発表用資料は、原則A4サイズ(枚数自由)で、40部をご用意ください。