夏休み〈まち歩きサロン〉発表会 2013 [8/18]

夏休み〈まち歩きサロン〉発表会 2013 [8/18]

今年の「まち歩きサロン発表会」は。午前は会員の個人テーマによる日常事物の観察などの研究発表を「暮らしの記録と考現学」と題して行います。午後からは、この数年の共通テーマである〈エキ・マチ研究〉を名古屋駅を中心として考えます。「どこへいくのか名古屋駅」として研究発表を行い、それを踏まえて座談会をお送りします。まち歩きの面白さを自由に話し合う場にしたいと思います。どうぞ、お気軽に参加ください。
チラシ(白黒)のダウンロード(PDF 7.6MB)
◆月日 2013.8.18(日)
◆時間 午前の部 : 10時 – 12時 午後の部 : 1時30分 – 4時15分 
◆会場 名古屋市短歌会館 地下鉄東山線/鶴舞線「伏見」下車徒歩5分
◆参加費 300円(資料代)

会場案内 短歌会館へは、地下鉄の伏見駅が最寄りですが、栄駅からでも10分程度です。錦通に面しており、片側3車線道路の北側です。なお遠方からの場合、JR名古屋駅から30分程度かかります。


詳しい地図で見る
 名古屋市中区錦2-13-22 TEL 052-231-2233

★交流会=2次会 
☆時間 午後5時半 – (会場周辺)※希望される方は、事前にお申し込みください。
◎お問合せ このページ上部の〈お問合せ〉からどうぞ。

★プログラム
午前の部●暮らしの記録と考現学
にちじょうじぶつのかんさつあれこれ
岡本信也 ゴー・ストップ:『百萬名古屋』と『大東京案内』から
岡本靖子 家電と労働:続・電気のある暮らし
武谷直子 マネキンかかし
茶谷薫 バリアの要不要

午後の部●どこへいくのか名古屋駅 〈エキ・マチ研究〉

寺西功一 名古屋駅周辺の土地の変遷
平田哲生ほか 駅から90分旅行:名古屋 2013 夏
佐藤英治 どこを見るか・なにを見るか

座談 名古屋駅を見つめる

交流会
午後5時半より、別会場で行います。(実費)
参加希望の方は、このページ上部の〈お問合せ〉から、連絡ください。

★発表者・会員の方へ★
□9時半から準備します。
□発表用資料は、原則A4サイズで、20-30部をご用意ください。