3/30(日)養老フィールドワーク

3/30(日)養老フィールドワーク

●日時 2014年3月30日(日)午前10時15分ごろ 雨天決行
●場所 養老鉄道・養老駅

717年の元正天皇による改元にちなみ〈2017年・養老改元1300年祭〉をうたう岐阜県養老町を歩きます。日本の滝百選・名水百選の養老の滝のもと、水が酒に変わったという孝行息子の伝説(『古今著聞集』1254年成立)から、岐阜県こどもの国、養老天命反転地(1995開園 大人 710円)、楽市楽座(みやげ・グルメ)まで、観光要素いろいろのエリアを観察しましょう。桜が咲いているとよいですね。【観光研究フィールドワーク】

交通アクセス 名古屋起点の場合、往復で¥440近鉄が安い。

◎桑名経由 980円(特割なら920円)
〈近鉄名古屋線〉430円 ※桑名特割きっぷ:往復740円(片道換算370円)
■名古屋 09:01 急行(松阪行)
|  -[21分]
◇桑名 09:22
[3分待ち]乗換は、同じホーム反対側
〈養老鉄道〉550円
◇桑名 09:25 (大垣行)
|  -[42分]
■養老 10:07

※おすすめしませんが
〈JR関西本線〉遅い・安い330円[34分]
名古屋 8:44-09:18 桑名[7分待ち]

◎大垣経由 1,140円
〈東海道本線〉740円
■名古屋 09:02 6番線発 特別快速(米原行)
|  -[31分]
◇大垣 09:33
[13分待ち]
〈養老鉄道〉400円
◇大垣 09:46 (桑名行)
|  -[23分]
■養老 10:09