長崎さるく博

「長崎さるく博」という「日本ではじめてのまち歩き博覧会」がはじまっています。「さるき=さるく」「さらく」は、「歩く」という意味の長崎弁だそうで、今までにない「まち歩き」をメインにしたイベントです。
会期 2006.4.1(土) – 10.29(日)


3つのさるくメニュー、全147のコース(まち歩きは42コース)で楽しめる博覧会の詳細は公式サイトをごらんください。
背景には減少がつづく観光客数に対する歯止めになれば、ということがあって、「長崎さるく博ってなに?」に構想などが書かれています。プロディーサーの茶谷幸治さんのブログ(最終投稿2005.6)には、「愛知万博と違うこと」という記事(2005.6.17)もあります。
市民を巻き込んでいることも特徴的で、「市民プロディーサー」「さるくガイド」などに多くの市民が加わっているようです。
長崎市は少し前から「さるく」を強調している。観光サイトのタイトルは「長崎のさるき方」、情報誌も1998年11月に旧誌をリニューアルして『NAGASAKIさるく』を創刊した。また2001年から「長崎さるこーで」というイベントを3回(10月の第3土日)開き、「長崎さるく」というプレイベントも2004、2005年に行い、これを受けての博覧会である。
いろいろと調べるなかで、アルキメデスという団体が長崎にあることを、はじめて知った。
長崎路上観察学会アルキメデス」の設立は1994年、月1回の路上観察が基本のようで、年1回の「アルキメデス探偵団ウォークラリー」を長崎市役所の後援で行っている。
こちらに活動の概要がわかる記事と番組動画(会長の森草一郎さんのインタビュー含む)があります。
また会員のサイト『路地裏の散歩者』のなかに「長崎路上観察学会アルキメデス とは」「路上探偵の道:長崎路上観察学会アルキメデス・分室」があり、それを見ると、もうすこし様子がわかります。