フィールドから : 観察の友 135号 – 201609

フィールドから : 観察の友 135号 – 201609

●特集 共同研究:軒下ミュージアム(続)

岡本信也 “やわらかな境界、ゲル化する境界線 ( 巻頭 )” p.1270
佐藤英治 “軒下のはみ出し方と境界” p.1271
茶谷薫 “物理的境界から社会的・文化的境界まで” p.1272 – 1273
武谷直子 “木立とフェンス” p.1274
山本耕一 “輝く塀” p.1274
岡本靖子 “鉄砲水のゆくえ” p.1275
茶谷薫 “マスクのつくる境界” p.1275
佐宗圭子 “名古屋駅を歩く人と持ち物しらべ : ヒトの大きさと境界 ( 絵解き屋・図んでん堂 No.17 )” p.1276
嶋村博 “線路脇の屋台街” p.1277
稲垣友仁 “鉄道線路用地の境界” p.1277
山田稔 “過保護の境界線” p.1278
岡本大三郎 “鍾馗さん踏ン張ル” p.1278
寺西功一 “境界線上のゴミ” p.1279
岡本信也 “1989年の転換点 : 落合さんをおもう” p.1279
黒瀬辰夫 “境界標のいろいろ : 資料” p.1280

平田哲生 “踏切は別荘へのアプローチ ( 常滑ノート No.27 )” p.1281